クラブ名 概要活動報告活動履歴入会案内Q&A

 会員ブログ


 No  年   投稿者
 001  2020(R02)  7 01(水)    家族将棋大会      市川貞也
 002  2020(R02)  7 24(金)    ガリとデブとデブ     市川貞也
 003  2020(R02)  7 25(土)    情報伝達の重要性  幹事 市川貞也
 004  2020(R02)  8 02(日)    花芋畑の草取り  幹事 市川貞也
 005  2020(R02)  9 15(火)    趣味放談部会  幹事 市川貞也
 006  2020(R02)  9 26(土)    ガリとデブ  幹事 市川貞也
 007      
 008    
 009    
 010    
 011    
 012    


TOP

 No.001【2020(R02)7.1】家族将棋大会  市川貞也


 蒲郡マリンLC会員だったじいちゃん、そしてばあちゃんは将棋が大好きだった。毎日指していた。孫息子、孫娘も、小学生の時将棋教室に通い、娘はその付き添いして覚えていて、たまに二人の相手をしていた。娘婿は、「将棋より囲碁のほうが面白い」といって、相手にしなかった。
 じいちゃんが亡くなり、ばあちゃんは対戦相手を求め形原公民館の将棋クラブに通いだした。「二段の人と対戦して勝った」と言うけど、嘘に決まっている。その人そもそも二段じゃないじゃないの?

 孫息子は女のところに行ってしまい、孫娘はJICAでブラジルに派遣されていたけど新型コロナウィルスから感染防止のため全員撤収させられ、家でフラフラ。

 女3人から、娘婿に将棋大会をしようとラブコールが始まった。「とうさんが一番強いに決まっているからいいじゃないか、ちょっと教えてよ。」といわれても娘婿も駒の動かし方を知っているだけで大したことはない。好きだった囲碁をすれども上達せず、自分の陣地と思っていたら召し上げられ、他人の陣地に侵入したら玉砕。碁石を見たくもないほど重症になってしまっていた。「しょうがねえ。やってやるか」ヘボにいいとこ見せてやろうとやる気が増してきた。

 ついに4/26、第1回の4人の家族将棋大会が始まった。
4人とも低レベルなので、わざわざ取られるところに飛車、角を移動してしまうのは毎度のこと。はたから見ると「馬鹿じゃねーかー」と思っても、実際の対戦となると「アチャー、どういうこっちゃ」

 それにつけてもばあちゃんには参ってしまう。
「ちょっと待ったー」はしょっちゅう。
「ばあちゃん、待ったなしだよ」
 ちょっと盤から目そらすと、駒の動きがおかしかったり、なんと一度に複数の駒が移動する。「ばあちゃん、今何やった。だめじゃん」
その代わり、相手のミスは、素早く召し捕って、「待ったー」を言わせるタイミングなしで、すまし顔。

 観戦中の時には、「へー」「そう打つと思った」「いい手が見つかった」あーでもないこーでもないと外野で騒ぐので、「だまっとりん」と怒られっぱなし。

 強いと思われた娘婿も勝負となれば容赦ない。長考の娘(かあちゃん)に
「いつまで考えとるだ。はやせよ!」
「とうさんには負けたくない。もうちょっとまっとりん」

 最初の3回は、娘婿が優勝した。あまりにも回りが弱いので、教えてやった。
「飛車、角で、一方向のみから攻めるな。上下左右王様を挟むように攻めないと積まない」
これが、致命傷となった。上から下から、左から右から攻められ、アヘアへ状態で直ぐにご臨終。言って損した。
今では、孫娘が4連勝。「女王様、強いねー」とおだててやれば、「ヘボは、次回までしっかり勉強してこい」恐れ入っちゃいます。
心配なのがばあちゃん。ほぼ毎回、ビリ街道まっしぐら(1回娘)。「そろそろ、もう止めっていうぞ。負けてやれ」娘、孫娘は「そんなことする必要ない」だって。あー怖。

 とうのばあちゃん「娘婿さん、また来週お願いします。楽しかった。」と、娘婿へのサービスが以前より数段上がった。

 6/28で10回(孫息子1回参加)大会を終えた。「今度は優勝する」が口癖のばあちゃんの心の葛藤はわからずじまい。何時まで続きますことやら。


TOP

 No.002【2020(R02)7.24 】ガリとデブとデブ  市川貞也  

 7月24日祝日(スポーツの日)に、MLG(蒲郡マリン(M)ライオンズ(L)ゴルフ(G))主催ゴルフ大会が、吉良カントリークラブで行われました。雨が降るのではないかと心配しましたが、曇り空で、この時期としては絶好のゴルフ日和となりました。

 10名3組で、K、N(敬称略)、そして私の3名でラウンドしました。Kは、小中学校の先輩で、ゴルフ大好き人間。面倒見がよくいつも誘っていただいています。スコアは79~99、平均アベレージは88てとこでしょうか。Nは、高校の同級生らしい。高校で会話した記憶もなく、互いにたぶんいたんじゃないかと推測するが本当かどうかは定かでない。高校名は一緒だったので間違いないであろう。当クラブ入会により高卒以来の再会となった。平均アベレージは、?。以前より、うまいとは噂に聞いていたけれど、どんなもんか楽しみであった。

 私はと言えば、ゴルフ歴約30年。全然しない年も10年くらいある。スコアは102~144、平均アベレージは119てとこでしょう。レッドベター、金井清一、坂田信弘、谷将貴、田中秀道、森守洋、中井学、桑田泉等の本を30冊程買い、知識を吸収し、自宅そばにあったゴルフ練習場で、土日の週2回、影の特訓をしていた。いつか「スッゲーナー」と言ってもらえるのを夢見て。しかし、やたらと理屈っぽく、5名ほどのインストラクターに教えてもらっても、「その考えは違う」とか決めつけ継続できず。ゴルフコースにて、よくなるはずと思い込んで従来の打ち方と変えていた。端から見れば一緒かもしれないが全然違う。打ってみてやっぱりダメだったことがわかる。何回開眼したかは数え切れず、実際はすべて思い過ごしでした。

 確かに、Nは上手かった。パターでも、玉の転がりがいい。あたかもカップに吸い寄せられていくかのようでした。「パター上手いねー」と言えば「パターだけかー」との応答。返す言葉もありません。「Nには勝てん」数ラウンド一緒して、もうギブアップでした。

 そのうえ、ドライバーが飛ぶ。女子プロとまではいきませんが、3人の中でいつも前にいた。飛距離では、このクラブ内では、Kも私も自信がある。(年寄りが多いから)
 Nは、体重51キロのガリ。Kは、体重?キロのデブ。私は、体重75キロのデブ。ガリよりデブの方が飛んで当たり前じゃないのか。ガリにスコアで負けても、飛距離でも負けることは許されなかった。Kは、いつもと明らかに違っている。なかなか芯に当たらない、ガリに負けてるからか・・・。私は、「流石やるときはやるね」と言ってほしさに、力いっぱい振り回した。あえなく左にフックしてOBでした。続けてOBなんてなるはずがないと、また渾身の力いっぱい振り回した。やっぱり左にフックしてOBでした。ショボショボ特設に行く羽目となり、打ち出し6打。いやんなっちゃいます。

 最終スコアは、N89、K99、私111。OBがその後にも影響し、念願の100切りがまたもや達成できませんでした。ゴルフは難しいスポーツです。


TOP

 No.003【2020(R02)7.25 】情報伝達の重要性  幹事 市川貞也   

 日頃、スマホという電話+インターネット情報収集機器の使い方が低レベルである私でも、重要性は理解できる。当クラブも、LINEなる情報伝達手段を有効活用しようとしている。まだ利用できる会員全員への登録が終了していない。

 第17回となる芋掘り大会に向けて、芋の成長を楽しみにしているが、大変なのが草取りである。今年の長雨のおかげでか、草の成長が早い。会員へは、7/25、朝6時から7時、草取りのお願い連絡をしたが、雨天決行ではなく自主判断とした。前日は雨で、翌日の天気予報も雨だった。7/24夕方、LINE登録されている芋掘り委員長から、明日は中止にしようとの書き込みがあった。その旨承知したところであったが、その決定情報を知ったのは、LINE参加者のみであった。

 7/24夜9時前、芋掘り副委員長から明日はどうするのかと連絡があった。ドッと冷や汗が流れた。自主判断であったとはいえ会員皆に中止連絡しなければならない。LINE登録者以外の一人に電話したが、つながらない。またそこで焦った。夜9時過ぎているから、電話に出ない会員がいる。電話メールの仕方を妻に聞いて、一人一人順に連絡した。ただし、ガラケー所有者に電話メールの機能があるのかもわからず、全員には無理だと悟った。

 7/24はMLGのゴルフコンペで疲れていたにもかかわらず、なかなか寝付けない。眠れずに3回も起きた。明日、雨が降っていなかったらどうしよう。大雨が降っていてほしい。
 7/25草取り当日の5時30分、雨がやんでいる。これじゃ、連絡漏れの会員が草取りに来てくれるかもしれない。現場に出向いた。

 今にも雨の降りそうな天候であったにもかかわらず、律儀にも鎌と手ぬぐいをもって作業着を着た会員が一人いた。本当に申し訳ないと思うと同時に、来て下さったことが本当に嬉しかった。このような会員がいるからこそ、会はまとまる。

 罪滅ぼしに、雨の降り出すまでの30分間、草取りを行った。


TOP

 No.004【2020(R02)8.02 】花芋畑の草取り  幹事 市川貞也  

 7/31(金)午後4時~5時15分、8/2(日)午前6時~7時30分の2回、芋畑の草取りをしました。

 障害者、幼稚園児等約350名を招待して行う、第17回芋ほり大会用の芋と、焼酎用の芋を蒲郡マリンLCの花芋畑で栽培しています。

 今年は雑草の抑制のためマルチングしたので、従来ほどではありませんでしたが、それでもその間に草が生えます。根がしっかり張っており引っこ抜くのに大変でした。
 若手と思われる私でも、30分作業を続けていたら、頭がクラっとしました。これはいけないと思い、役員の特権で、直ぐに給水タイムとしました。休憩時間の雑談は、時間がいくらあっても足りません。盛り上がってしょうがない。2回目は、会長からイチジク大福(イチゴではありません)の差し入れがあり、エネルギー満タンにし、残りの作業をしました。芋の成長が楽しみとなりました。

 花芋畑には、10年以上も前に植えた甘夏みかんの実約20個が初めてなろうとしています。来春には、収穫できることを期待します。数が少ないので、皮も使ってマーマレードやジャムを作ることになるかも。

  

 

 


TOP

 No.005【2020(R02)9.15 】趣味放談部会  幹事 市川貞也  

 当クラブでは、趣味部会が3つあります。放談部会、釣り部会、MLG部会(ゴルフ)です。入会して5年ほどたちますが、ゴルフはうまくなりたいと思いMLG部会にずっと入会していますが、たまたま一度ホールインワンしました。
 釣り部会は、近場のアサリ取り、マンガン程度ならよいのですが、竿を買ってまでする気がありません。ましてや、沖縄までマグロ釣りに行くのは、まったく想像がつきません。おすそ分けしていただけるので楽しみにしています。

 放談部会は、会員、及び家族会員(妻)と飲食店での雑談会、そして、年一回の旅行となっています。日頃、クラブ行事の中で飲む機会も多いので、女性がいるとはいえ、遠慮していました。

 この度は、幹事の役職をいただいているので、女性陣の人気取りをしておかないと、クラブ運営に支障があるとの思いでしぶしぶ喜んで入会いたしました。

9月11日(金)放談部会が蒲郡駅前福善で開催されました。男12人、女2人計14人でした。新型コロナウィルスの密を気をつけながらも、対面式のテーブルでそれも大声になってしまって。感染者がいなかったのが幸いです。

 部会長(宴会幹事)が、「一人ずつ自己紹介をしてください」と皆知っているのに全くナンセンスな題目で、順に突然ひらめいた話しをするのでした。

 どなたも、笑いを伴う楽しい話を聞くことができました。妻が糖尿病になった話。亡き夫への想いの話。会社で生産した部品が使われている世界的二輪レースで優勝した話。二輪に乗って複雑骨折した話。中国で会社経営するのためのマル秘情報の話等。その中で仕事の都合で名古屋にクラブ移動したが、約20年ぶりにまた戻ってきた会員がいて、「マリンはいいねー」としみじみ言われて益々盛り上がりました。

 そして、酒が飲めない会長と親分肌Sとの言い合い(万歳)が面白い。けなしたり、ほめたり、それでいて嫌みがなく、笑いで終わる。できる芸当ではありません。

 本当に楽しい会に出席できました。その後、2次会、3次会と出陣しました。

TOP

 No.006【2020(R02)9.26 】ガリとデブ  幹事 市川貞也  

 今日は朝6時から芋畑の草取り。多くの会員が都合をつけていただきました。やっぱり”テデトール”は他の農薬より良いようです。気持ちの良い一日が迎えられそうです。

 その後、有志による朝食会がありました。相変わらずの雑談の盛り上がり様です。楽しい食事会でした。

 ところで、そこに、ガリ(20 ガリとデブとデブ参照)がいた。草取り作業後で腹がすいているとはいえ、ごはんの量が多かった。食べ終わりの写真で申し訳ありませんが、デブの私は結婚以来こんなどんぶり飯一杯を食ったことがない。生卵がついていたので、卵かけご飯ならなんとか行けるかと思うほどでした。しかし、ガリは違う。一杯目のご飯に卵を少ししかかけていない。残りをどうするのかと思っていたら、な、なんと、おかわりがあったのである。

 デブが体重を5キロ減らすため、ジムに通い、食事も気を付けていても達成できないのに、ガリは、デブ以上に飯を食う。どういうことなんでしょう。お医者さんの会員もいるので今度聞いてみよおっと!

TOP


 No.007【 】  



TOP

 No.008【 】  



TOP

 No.009【 】  



TOP

 No.010【 】  



TOP


 No.011【 】  



TOP

 No.012【 】  



TOP



Copyright ©2020 蒲郡マリンライオンズクラブ All Rights Reserved. クラブ概要活動報告活動履歴入会案内Q&A